人気ブログランキング |
2月25日(木)14:00~宮島市民センター3階研修室にて、宮島地域コミュニティ推進協議会 生活・環境部会主催「宮島のサル・シカ・イノシシの現状」についての講演会を開催しました。

宮島地域コミュニティ推進協議会の中で、生活・環境部会では、『美しい宮島』『環境にやさしい宮島』を具現化していくための活動を行っています。
部会の事業の一つとして、有識者による講演会を毎年実施しており、今年度は島内の有害鳥獣について話を聞きたいとの要望が出たため、この度の開催となりました。

講師として、サルについては宮島ロープウエー営業所の菊間さんに、
シカとイノシシについては一般財団法人 広島県環境保健協会の井原さんに、
出没状況や頭数、現状と対策など、宮島に住む住民向けのお話をそれぞれ講演していただきました。
「宮島のサル・シカ・イノシシの現状について」の講演会を開催しました_f0229523_16342982.jpg

先ず、サルについては、昭和37年に研究と観光の目的で香川県小豆島からニホンザル47頭を宮島へ連れてきたこと。
頭数が増え猿害が多発したため、平成20年ごろから捕獲作業を開始し、愛知県犬山市の日本モンキーセンター附属世界サル類動物園に移したこと。
現在被害を及ぼしているサルはその残党で、警戒心が強く捕獲が非常に難しいこと。
捕獲のためには、地道な餌付けを行い警戒心を解くための時間が必要であること、など。
宮島のニホンザルについて、正しい経緯や現状を知る貴重な機会となりました。

シカについては、生態や特徴、宮島におけるモニタリング調査、個体数の変化などを、スライドを使って分かり易くお話いただきました。
また、餌やりが原因で起こるシカへの影響、餌やりによるシカの個体数増加が起因した植生被害などを挙げ、保護管理の観点から餌やり禁止を徹底することが大切であると説明していただきました。

イノシシについては、植生や出現状況、捕獲頭数などの情報を共有しました。
どのお話も、宮島の環境についての考えが深まる良い機会になったと思います。

警戒心が強いサルや、シカへの餌やり問題、イノシシの増加など、一筋縄では行かない難しいテーマではありますが、これからも自然や環境に配慮し、世界遺産に相応しい宮島を守っていかなくてはならないと強く感じました。
今後も引き続き、島全体でサル・シカ・イノシシに対する正しい共通の認識を持ち、意識啓発に繋げていくことが出来ればと思います。
# by miyajima-c | 2016-02-25 16:26
 2月18日(木)誓真大徳碑付近及び神泉寺跡地周辺で、宮島さくら・もみじの会の今年度第8回目の作業が実施されました。

 宮島さくら・もみじの会は、老化や生育障害が進んでいた宮島島内の桜やもみじの再生に取り組むことで、魅力ある美しい宮島を守るための環境保全に努めているNPO団体で、宮島地域コミュニティ推進協議会の生活・環境部会からも、肥料や腐葉土の購入費用の補助などにより、その活動を支援しています。

 今回は、桜の木に栄養を届けるための施肥(お礼肥え)や枯枝の切除が行われました。20名程度の参加者に加え、RCCからの取材や、協働事例集の取材などもあり、賑やかな作業となりました。
 市役所協働推進課から発行されている協働事例集に、宮島さくら・もみじの会の活動が紹介される予定です。この会の活動をより多くの人に知っていただけるよう、啓発にも努めていきたいと思います。
宮島さくら・もみじの会 平成27年度第8回作業_f0229523_16463560.jpg
 さて、作業の方は、集合して開催の挨拶の後、先ず樹木医であるみずえ緑地の正本先生から作業の内容や桜の木の状況などを解説していただき、取り掛かりました。

 施肥は、専用の機械で土中に圧縮空気を送り込み、土を柔らかくする作業から始まりました。地面に深く穴を開け、鉄の杭で穴を広げ、灰、固形肥料、腐葉土を詰めていくという手順で役割分担し手際よく進めていきます。
宮島さくら・もみじの会 平成27年度第8回作業_f0229523_1648672.jpg

 枯枝の切除については、チェーンソーを使った高所での作業に加え、切除する枝の判断も必要なため、専門の方にお任せします。切った枝や枯葉を集めて運搬する作業は皆で手分けして行いました。
 枯枝や腐っているため切除した部分が多かった木が心配ですが、しっかり栄養を取って持ちこたえて欲しいと思います。

 毎年当たり前のように咲いている美しい桜の花も、こうした皆さんの地道な活動に支えられているのだと思うと、感謝の気持ちと、桜の木々への愛着が湧いてきます。1月の第6回作業の際に植樹したモミジの木8本も元気に育っている様です。今回手入れした桜の木々も、春にどんな立派な花を咲かせてくれるのか楽しみです☆
# by miyajima-c | 2016-02-18 16:58 | 生活環境部会
このたび、当協議会で募集した「平成27年度 宮島の環境に対する意識啓発を図る環境標語コンテスト」に全67点の作品が集まり、審査を行った結果、次の9作品を入選と決定しました!

・大鳥居 みんなで守ろう これからも   【宮島学園 能登原 芽依】

・神の島 守っていこう ぼくたちで    【宮島学園 浦部 歩夢】

・宮島の 自然や文化を 大切に      【宮島学園 宮野 萌美】

・宮島の 美しい自然 神の島       【宮島学園 尾高 光】

・守ろうよ 世界遺産と 宮島の自然    【宮島学園 大前 凜子】

・ゴミ一つ 拾う心の おもてなし     【一般 田中 たみこ】

・子に孫に きれいな宮島 バトンリレー  【一般 内山 明子】

・宮島を 守るも汚すも 一人から     【一般 内山 修】

・宮島の 奥深い歴史と自然よ 永遠に!  【一般 八川 慎一】


入賞作品のうち、宮島学園の生徒の作品を対象とした表彰式を、2月9日(火)の宮島学園の学園朝礼の際に行いました。
昨年度に引き続き、宮島学園からは沢山の作品を応募いただいています。この環境標語コンテストを通して、子どもたちの日頃からの環境への意識啓発と、宮島への愛着の醸成に繋がることを祈っています。
平成27年度募集 環境標語コンテスト入選作品発表!_f0229523_15201338.jpg

なお、応募者全員に参加賞として、一般の方には廿日市市の指定ごみ袋を、宮島学園で参加した生徒の皆さんには定規セットを配布しました。入選の副賞は宮島商工会発行の商品券(学園の生徒には図書カード)です。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

入選作品は、来年度中に広報・啓発等に広く使用していきます。
環境標語の募集は、生活・環境部会の事業として毎年継続して行っていく予定です。
今後も、当協議会の活動へのご協力をよろしくお願いします。
# by miyajima-c | 2016-02-09 15:28 | 生活環境部会
鎮火祭は毎年12月31日の大晦日、午後6時ごろから嚴島神社の御笠浜で行われる江戸時代から続く「火難避け」の神事です。

夕方になるとお祭りの参加者が、20~30人でかつぐ大松明から、50cm程度の手持ちのミニ松明まで、様々な大きさの松明を持って、続々と御笠浜に集まって来ます。

先日の終業式に宮島学園で作った大松明も、お祭りに参加してきました。
午後6時、斎場の大束から御神火をもらった宮島学園の大松明は、勢い良く燃え上がり、夜空を赤く照らします。
御笠浜は何本もの大松明が行き交い、火の粉が散り、もの凄い迫力でした。
宮島学園 鎮火祭(2015年12月31日) _f0229523_1332037.jpg
子供たちも「たいまつ、ヨイヨイ。たいまつ、ヨイヨイ。」の掛け声をかけながら、力を合わせて最後まで力強く担ぎ切りました。
皆さんお疲れ様でした!
宮島学園 鎮火祭(2015年12月31日) _f0229523_13332132.jpg

御神火を点け消火した大松明はお店の入口や家の軒下などに飾り、手持ちのミニ松明はそれぞれ家に持ち帰って神棚にお供えし、1年間の火難避けのお守りにします。

きっと子供たちにとって、一年の締めくくりとなる思い出に残る経験となったことでしょう。
宮島学園 鎮火祭(2015年12月31日) _f0229523_13333416.jpg
2016年も良い年になるよう、願いたいと思います。
# by miyajima-c | 2015-12-31 21:00 | 文化交流部会
平成27年12月22日(火)、宮島学園の終業式後、餅つきと鎮火祭に向けた松明づくりが行われました。

餅つき及び松明づくりは、宮島学園PTAの行事として学園と共同で行われる恒例行事。

特に松明づくりは、年々つくり手や指導者など人手が不足している中、コミュニティ推進協議会から文化・交流部会を中心に事業の一環として毎年お手伝いしています。

終業式を終え、まずは餅つきから開始。
三味線の生演奏に合わせ、歌いながら交替で餅をつきます。
餅つき唄、三味線の演奏は、宮島芸能保存会の皆様によるサポートのもと、宮島学園の生徒が中心に行います。
餅つきの間は、三味線による素敵な音色を奏で、学園の参加生徒みんなが大きな声で伝統の「宮島餅つき唄」を元気いっぱいに歌い続けます。

宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_15301142.jpg


まずPTA会長はじめ役員の方々が、杵で餅をこね、形を整えます。
ちっちゃな体で、照れながらも一所懸命に杵でつく1年生から、上級生のお兄さん、お姉さんに引継ぎます。

「ヤッサー、ヤッサー、エッコモ(えい、こもじゃ) ヤッサー」
※エッコモ:大きな杵のこと

大きな掛け声とともに、学園の校長先生がひとつき、ひとつき真心こめてお餅を仕上げました。

できたてのお餅は炭火で炙り、PTAの方々により作っていただいた温かいうどんに入れ、力うどんにして美味しくいただきました。
宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_1538380.jpg

宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_15402854.jpg



お腹一杯になった後は、いよいよ松明づくりです。

予め用意した竹を束ねて薄い板で囲い、荒縄でくくった、長さ30cm程の松明に仕上げます。
子どもたちは、一人ひとつずつミニ松明を、地域の方々の指導を受けながら作りました。


作り方のマニュアルは、手づくりの立体的なもので、作業開始前からますます関心が高まります。
宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_1545694.jpg


いつも苦労するのが、荒縄を結ぶ「男結び」という結び方。
生徒の皆さん、1年前に学んだことを思い出すのに一苦労。
しかし、今年は地域ボランティアの方々がご指導に多く参加いただいたため、行き届いた指導のもと、昨年より早く、生徒全員で完成することができました。

宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_15463910.jpg

宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_15504362.jpg


ミニ松明を作り終えた上級生の男の子たちは、大松明の男結びにもチャレンジ。
力の必要な作業に苦戦しながらも協力して作業を進めていました。
宮島学園 2015年度 餅つき・松明づくり_f0229523_15512829.jpg


鎮火祭本番では、小学5年~中学3年の有志がこの大松明を担ぎ、嚴島神社の御笠浜一帯の参道を練り歩きます。
自作の松明を携えて、職場の火難避けを祈りつつ、学園の大松明と生徒達のミニ松明に無事に火がともる姿を見届けたいと思います。

大みそかの鎮火祭、それに向けた松明づくり。
子どもたちがこの体験を忘れず、次世代へ地域の伝統行事を大切に受け継ぎ、地域の皆さんとの調和を目指す宮島ならではの姿に、感銘を受けました。
# by miyajima-c | 2015-12-28 13:00 | 文化交流部会