人気ブログランキング |
1月16日(月)午後1時30分から、宮島市民センター3階研修室において宮島地域コミュニティ推進協議会 生活・環境部会の事業として「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました。

当協議会専門部会の一つ、生活・環境部会では「暮らしと自然の環境保全事業」の一環として、生活に密着したテーマを選んで有識者を招き、地域コミュニティの立場から「生活に役立つ知恵」を授けるための講演会を毎年実施しています。

今年度は、前年度も関心が高く、深刻な地域課題であるイノシシを筆頭とした島内の鳥獣被害対策をテーマとし、学習会を開催する運びとなりました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_2059861.jpg


講師は、鳥獣被害対策アドバイザーとして現在、廿日市市へお招きしている井上雅央(まさてる)さん。
元近畿中国四国農業研究センター鳥獣害研究センター長を務められ、退職後、広島県をはじめとして複数の県で鳥獣被害対策を支援するスペシャリストとして活動しておられます。

講師の井上さんから、開口一番、
「鳥獣被害対策の基本的な考え方として大切なのは、同じ知識が地域でどれだけ広まるかです。」
「野生動物は、優しくしても恩義を感じることは、一切ありません。」

穏やかな口調ながらも、ある意味、衝撃的な言葉からお話は始まりました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_2103055.jpg


「イノシシなど野生鳥獣は『暑がり』で『怖がり』で『怠け者』。エサ場があるこんもり茂った涼しい場所がないと生きていけない。駆除するというよりも、被害に遭わない対策を講じてほしい」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15235578.jpg


実は今回の講習会開催前、講師の井上さんは生活被害の現状を確認し、住民の手でできる対策を検討するため、宮島島内を視察。

ほんの数時間でしたが、即座に宮島島内の現状を把握し、的確な知識を提供いただきました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_1533873.jpg


第一に、イノシシなどの鳥獣被害が増えるのは、無自覚のうちに餌付けなど被害を増やすような状況が
集落内に放置されていたり、人馴れを助長しているからであること。

そのことを地域で学習し、やってはいけないことを地域で共有しなければならない。
地域で一人でも餌付けをする人がいたら、努力は全て水の泡となってしまう。

「イノシシでいえば、弱ったウリ坊(イノシシ)をみたら、初めて見た9割以上の人は「可愛い」と
感じ、エサをやってしまう。
 約1年半で大人へと成長し、人馴れしたイノシシは、次世代のウリ坊へ民家のそばがエサ場だと継承
し繁殖を繰り返します。
 また、畑にある生ゴミに近づいたイノシシを見ても、そばで見るだけで何もしないのは、知らず知らずのうちに餌付けしているのと同じこと。これが無自覚な行動による集落での餌付けの図式です。」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15283050.jpg


第二に、イノシシが市街地にまで出没するということは、シカの過剰な増加と因果関係があるのではないか。

「イノシシとシカは同じものを食べます。シカが先にエサを食べた後にイノシシがエサを探し回るため、行動範囲が拡大したということも考えられます。」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15534243.jpg


「また、閉ざされた環境下での近親交配を招き、遺伝子劣化したシカが発生している可能性や、宮島の場合、普通は生きられないのに、人に慣れたシカへの餌やりに伴い命を繋いだ結果、更にシカが増加するといった悪循環を生んでしまっている。」

「適正な生息数になるまで、シカのたまり場を見つけたら、地域住民により追い払いを行い、そこへ来ても安心して食べられないストレスを与えること。
そのことが妊娠率の低下につながり、鳥獣被害から守れる集落への環境改善となります。」

第三に、発情期にあるメスのイノシシは、数kmの範囲でオスのイノシシを呼び寄せてしまうので、集落に近寄せてはならない。

第四に、イノシシなどが近寄れない環境づくりに向け、エサ場やひそみ場所を無くすための雑草・木々の剪定が大切である。
特に「柿」はあらゆる動物の好物で、庭に植樹している収穫していない柿を放置していると、いつ行っても餌にありつける場所と学習し、「無自覚の餌付け」となってしまう。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15563958.jpg


第五に、「捕れば 捕るほど イノシシ地獄(※1)」を格言とし、捕獲を対策と思っている人に引きずられず、「駆除する」対策の前に学習すること。駆除しない人がどれだけ学習するかが大事である。

(※1)「獲れば 獲るほど イノシシ地獄」
「『ウリ坊』だけ獲れたが『親』は逃げた」ということになると、その親はワナへの警戒心が強くなり、ワナにかからなくなってしまいます。
子を全て失った親は、20日程度で発情し、ワナにかからず子を産み続けるイノシシがうまれます。

講義の終盤には、プロジェクターによる動画で「柵で守る、追い払う」ための学習として、いわゆる「柵の設置失敗例」をイノシシが行動する様子を見ながら解説していただきました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_21144084.jpg


大人のイノシシは20㎝のすき間を潜り抜ける習性や、鼻で70㎏を持ち上げる怪力であること、感電するのは体毛のない鼻だけなど、知らないことばかり。
正しい柵の設置するだけでも、生態を知る学習の必要性を改めて認識しました。

また、参加者からの質問では、生態を知るということで「イノシシはミミズを食べるのか(※2)」といった噂の真相についてや「隠れて近所の者が餌付けしているのをやめさせるにはどうすればよいか」といった深刻な声も挙がりました。

(※2)イノシシは昆虫や幼虫は好んで食べますが、ミミズは食べません。
イノシシが土を掘り返すのは、植物の根っこを食べるとき、お腹いっぱいになって遊んでいるときです。

宮島地域における鳥獣被害対策は、一緒くたに解決できないことであると同時に、自然や環境に配慮し「世界遺産の島」宮島を守っていく責務と向き合わなければなりません。

今回は、今季最強の寒波到来に伴う悪天候も影響し、参加者が15名と若干少ない状況となってしまいましたが、今後も正しい知識を地域全体で認識し、生活に直面する地域課題の解決に向けての高い志向が持てるよう、「できることから始めよう」の精神で啓発活動を推進していこうと思います。
# by miyajima-c | 2017-01-23 13:30 | 生活環境部会
1月12日(木)、宮島さくら・もみじの会において、新しい年を迎えて初の作業が実施されました。
今年度でいうと第7回目の作業となります。

今季最強の寒波到来が予想される最中での実施。
朝から吹く北風は、体に受けると顔全体が強ばるほど冷たく、手もかじかんでしまう程でした。

今回は、藤の棚公園及び四宮神社周辺で主にサクラへの施肥(肥料やり)に加え、枯枝、り病枝等の切除処理、切除後の枝への殺菌癒合剤塗布作業などを行いました。

午前10時前には参加会員が集合。
三次会長から開会のご挨拶の後、樹木医であるみずえ緑地の正本大先生からは肥料の解説を交えた施肥作業のご指導、サクラの現況をもとに本日実施する保全作業を解説いただきました。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10235396.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10281088.jpg


「宮島では、3月初旬からサクラの生長が始まります。」
「本日実施する根の肥料として、寒肥[かんごえ]を施しておくと春のスタートに差がつきます。」

12月から2月の寒い時期に植物に与える肥料なので、こう呼ばれている「寒肥」。
寒い時期に植物の生長がほとんどない中、この時期の肥料は土の中で植物が吸収されやすい形に変わるとともに春の生長期に効き目を表し、木の力を高める肥料となるそうです。

平野事務局長の号令により、15名構成で作業を開始。
根の肥料やり作業は2班に分かれて実施しました。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1034256.jpg


具体的な工程は、「ピックエアレーション」という、特殊な機器により土中へ高圧の空気を瞬間的に送り込み、すきまを作ることで固まった土壌を物理的に柔らかくする工法による穴あけ作業。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10355589.jpg


その後、数人による手作業で肥料→炭→堆肥の順に土中へ埋め込む、といった流れ作業です。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10362882.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10381265.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10385497.jpg


平野事務局長から、根の肥料やり作業時に注意していることについて少しお話を伺いました。

「宮島は他の地域と違い、主に文化財保護等の規制により深く穴を掘って施肥することができないんです。また穴を掘る際は、地中に埋設している幹線を避け傷つけないよう、最新の注意を施しています。」

一方、正本大先生からは、枯枝やり病枝等の切除等に係るサクラの保全作業についてわかりやすい解説を。

「今回の作業は、『がんしゅ病』に侵されている枝を切除します。その特徴は、菌によりサクラの枝に『コブ』をつくる病気で、ヒトでいうと『ガン』に相当する病気です。」

「そのまま放置しておくと病原菌の感染源となる可能性もあるので、『コブ』が形作られている枝は、枝のつけ根から除去します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10421354.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10594577.jpg


「処理の際、サクラは切り口から腐食による劣化させる菌等に侵されやすいため、切り口には殺菌癒合剤を塗布します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10425490.jpg


「殺菌癒合剤の色は本来、黄色状ですが、ここでは景観を損なわせないため、殺菌効果もある墨汁を加え、目立たさせないよう色を黒くしたものを使用します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1043311.jpg


「ただ、弱っている木には元気になるまで切除作業は行えません。ヒトと同様『(体が)弱っているときに手術をしない』ということです。」

「宮島」を守るための規制の中で行う「命のつなぎ」活動は、「宮島」を形成する互いの存在を共存共栄するための繊細な心遣いがなされているのだと改めて感じました。

休憩時、正本大先生からこんな一言が。

「サクラは、開花時ばかりでなく、そこに至るまでの過程にも美しさを感じます。木を見続けると、それぞれ表情があり、語ってくれているのがわかるようになりますよ」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1134422.jpg


「サクラは、愛情を込めた分だけ応えてくれる」
サクラの守り方を住民に教えていただいた、先代 正本良忠さんの言葉が頭をよぎりました。

我々が毎年見ることができる宮島の美しいサクラやモミジの景色は、宮島さくら・もみじの会の方々の努力に支えられています。

今年のサクラは、何を語ってくれるのでしょう。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1132272.jpg

# by miyajima-c | 2017-01-23 12:00 | 生活環境部会

宮島学園 鎮火祭

鎮火祭は毎年12月31日の大晦日、嚴島神社の御笠浜で行われる江戸時代から続く「火難避け」の神事です。

午後6時頃になると、お祭りの参加者が、20~30人で担ぐ大松明から30~50cm程度の手持ちの小松明まで、様々な大きさの松明を持って、続々と集まって来ます。

今年は、近年の観光客及び見学者の増加に伴い、衣服へ火が燃え移るなど事故防止のため、小松明の採火場所、進入禁止区域及び見学区域の設定等、安全を期して開催されました。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_22412328.jpg


嚴島神社祓殿で斎火(いみび)を灯した祭壇を設け、斎主が祝詞を済ませた後、松明に火を移し御笠浜に設けた斎場の大束に火を移します。その後、大束から大松明に火を点けます。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_22423290.jpg
宮島学園 鎮火祭_f0229523_22425665.jpg


先日の終業式に宮島学園で作った大松明も、お祭りに参加。

斎場の大束から御神火をもらった宮島学園の大松明は、勢い良く燃え上がり、夜空を赤く照らします。


宮島学園 鎮火祭_f0229523_2291428.jpg


嚴島神社入口、石鳥居の間を、男たちが火のついた松明を担いで3往復練り歩きます。
何本もの大松明が行き交う中、火の粉が散り、その姿は迫力満点でした。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_2295686.jpg


宮島学園 鎮火祭_f0229523_22102498.jpg


「たいまつ、ヨイヨイ。たいまつ、ヨイヨイ。」の掛け声をかけながら、宮島学園の子どもたちは力を合わせ最後まで勇壮に担ぎ進み、表参道通りを経由した大松明は、最後に宮島桟橋へ掲げました。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_22104247.jpg


一方、御神火を点け消火した小松明は家に持ち帰り、神棚にお供えして1年間の火難避けの護符にします。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_2211565.jpg


12月22日に新潟県糸魚川市で起きた大火は、冬場の火事の恐ろしさをまざまざと見せつけられ、年の瀬に焼け出された住民の姿をニュースで見て、心が痛みます。
ただ災難の中、犠牲者が出なかったのは、昼間だったのに加え、住民同士の声の掛け合いという地域のつながりが力を発揮したことは今後の教訓になるかと思います。

そんな中で参加した「鎮火祭」。
一年の締めくくりとともに、2017年は様々な教訓を「とり」入れ、更に絆が深まる素晴らしい年となることを願っています。
# by miyajima-c | 2016-12-31 23:30 | 文化交流部会
平成28年12月22日(木)、宮島学園の終業式後、「餅つき」と鎮火祭に向け、当日使用する「松明づくり」を行いました。

「餅つき」と「松明づくり」は、宮島学園PTAの行事として学園と共同で行われる恒例行事。

特に松明づくりは、年々つくり手や指導者など人手が不足しており、コミュニティ推進協議会では文化・交流部会を中心に事業の一環として毎年お手伝いしています。

今年は、朝からあいにくの雨…
更には海からの冷たい強風にあおられ、肌寒い中での開催となってしまいました。

急遽、会場を例年使用する屋外グラウンドからランチルームへ変更し、三味線の生演奏とともに伝統の「餅つき唄」を歌いながら、餅つきを始めました。

餅つき唄、三味線の演奏は、毎年、宮島芸能保存会の皆様によるサポートのもと、宮島学園の子どもたちが中心に行います。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10331712.jpg


始めに、PTA会長はじめ役員の方々が杵で餅をこね、形を整えます。
ちっちゃな体で、照れながらも懸命に杵でつく1年生から、上級生のお兄さん、お姉さんに引継ぎます。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_1057630.jpg


餅つきの間は、三味線による素敵な音色を奏で、学園の参加児童及び生徒みんなが大きな声で伝統の「宮島餅つき唄」を元気いっぱいに歌い続けます。

「ハーヨイナ、ヨイナ」

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10352740.jpg


宮島幼稚園の園児たちも、餅をこねる姿に興味津々。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10362033.jpg


できたてのお餅は炭火で炙り、PTA役員の方々により作っていただいたお手製のうどんに入れ、力うどんにして美味しくいただきました。温かいうどんが体にしみわたります。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10364441.jpg


お腹いっぱいになった後は、いよいよ松明づくりの開始です。

学園の子どもたちは、一人ひとつずつ小松明を、地域コミュニティの方々から指導を受けながら作りました。
予め用意した竹に、束ねた7枚のそぎ(松明の土台となる割竹を巻く薄い板)で囲ったものを荒縄でくくり、長さ30cm程の松明に仕上げます。

作業開始に先立ち、当協議会 正木会長からは「鎮火祭」の由来等の説明を織り交ぜ、挨拶をいただきました。

また宮島学園 小松校長からは、
「終業式の際、皆さんに今年の漢字として『輝』を贈りました。様々な場面で頑張る姿から感じたので選びました。これからも輝いて、地域の力となってください。」

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10373117.jpg


初めて参加する学園の子どもたちは、一連の流れを、地域ボランティアの実演により手順を掴むことから始めました。見る目も真剣です。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_1038821.jpg


いつも苦労するのが、重要な技術の一つ、荒縄を結ぶ「男結び」という結び方。
今年は、約2週間前に行った男結び事前講習が功を奏し、参加した子どもたちは結び方がすぐ思い出せたようです。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_1039546.jpg


宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_11164041.jpg


中には、上級生から下級生へ教える光景も目にし、まさに伝統文化の伝承です。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10402785.jpg


宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10441954.jpg


地域ボランティアの方々も、下準備作業を利用してこっそり「男結び」を練習し、感覚を思い出していたみたいです。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10493926.jpg


昨年以上に地域ボランティアの方々のご指導に多く参加いただいたため、更に行き届いた指導のもと、無事、児童及び生徒全員で完成することができました。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_1045466.jpg


また、体育館の前では、宮島町商工会青年部の方々がメインで大松明を作りました。
大松明は、長さが約3.3m、直径約30cm。直径は小松明の長さとほぼ同じです。
今年は中学3年生の男子2人とともに大松明の男結びにチャレンジし、力作業に苦戦しながらも協力して作業を進めました。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_1046568.jpg


宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10413475.jpg


最後に学園代表からPTA会長及び地域ボランティアの皆様へのお礼の挨拶がありました。

「ずっと『男結び』が苦手で、作業も消極的だったが、今日初めて、大松明づくりで『男結び』にもチャレンジしました。」

「今年で、学園での松明づくりが最後だと思うと、寂しい気持ちでいっぱいです。」

本音で語ってくれた言葉、敬意と感謝の心が伝わります。

宮島学園 2016年度餅つき・松明づくり_f0229523_10424564.jpg


鎮火祭本番では、小学5年~中学3年の有志がこの大松明を担ぎ、嚴島神社の御笠浜一帯の参道を練り歩きます。
火難避けを祈りつつ、学園の大松明と児童及び生徒たちの小松明に無事に火がともる姿を見届けたいと思います。

大みそかの鎮火祭、それに向けた松明づくり。

子どもたちがこの体験を忘れず、次世代へ地域の伝統行事を大切に受け継ぎ、地域の皆さんとの調和を目指す宮島ならではの姿。
一人ひとりが「宮島の星」として、今年の締めくくりに学園を輝かせてくれました。
# by miyajima-c | 2016-12-28 17:15 | 文化交流部会
平成28年12月7日(水)午後1時30分から、宮島市民センター1階和室において「サロンにきんさい~高齢者のための交通安全・防犯教室~」が開催されました。

「サロンにきんさい」は、地域で交流の場を設けることで住民の地域への関心を深め、近隣での助け合いを育む地域づくりを目指すための宮島地域サロン活動の総称。
宮島地域では、宮島支所福祉グループ及び宮島市民センターの共催で、毎月第1及び第3水曜日の2回開催しています。

サロンにきんさい ~高齢者のための交通安全・防犯教室~_f0229523_1341268.jpg


サロン活動は、地域でひとり暮らしや家に閉じこもりがちな高齢者、障がいのある人、子育て中の親子など、寂しさや不安を抱えている人が生きがい活動と元気に暮らすきっかけづくりを見つけ、地域の人同士のつながりを深める場のことで、宮島地域では、介護予防事業の一環としても活用されています。

最近、高齢運転者による死亡事故が相次いで発生している中、社会の高齢化の進展に伴い、高齢者がかかわる交通事故死者数の増加など、社会全体で高齢者の生活を支える体制づくりが必要とされています。

そんな中、今回の「高齢者のための交通安全・防犯教室」は、草の根運動の一環として、廿日市交通安全協会宮島支部のご尽力のもと毎年1回開催しており、今年で3回目となります。

寒さも厳しい中、参加者は20名、スタッフを含めると30名以上となり、会場はすぐにいっぱいとなりました。

サロンにきんさい ~高齢者のための交通安全・防犯教室~_f0229523_18455436.jpg


講師は、廿日市市大野支所から、大野・宮島担当 内堀くらし安全指導員、廿日市警察署から交通課 満井係長、そして地域課 宮島駐在所から堂森所長の3名をお招きし実施しました。

内堀さんからは、テーマを「弥山の麓で 笑って 笑って 長生きしようや」と題し、主に特殊詐欺及び交通事故状勢と対策、反射材の効果についてお話しいただきました。

サロンにきんさい ~高齢者のための交通安全・防犯教室~_f0229523_18463232.jpg


「長生きするためには『笑うこと』が必要です。」

「攻め寄る様々な危険にしっかりガードを張って、自分に合ったライフスタイルを確立することが大事です。」

「何かを求めて生きがいを持つことを大切にしてください。」

「今回の参加により得た情報を交換し、新たな知恵をつけ、それを活かしてください。」

「今日お渡しした反射材はタンスに仕舞い込まず、常に玄関に置いて、夜出掛ける時は反射材をつける習慣をつけてください。」

次に満井さんからは、道路横断時の注意事項として

「道路横断時には『安全確認』が必要です。これから守ってほしいことを4つお伝えするので、早速実践してくださいね。」

1 車が通り過ぎてもすぐに渡らない
2 センターライン手前でもう一度確認
3 からだ全体(目とおへそ)で安全確認
4 反射材を着用しましょう

DVDによる映像を交えながら解説いただきました。

サロンにきんさい ~高齢者のための交通安全・防犯教室~_f0229523_18473460.jpg


最後に堂森さんからは、町内における最近の交通事故事情についてお話しいただきました。

「この11月に宮島島内で2件交通事故が発生しました。共通した原因は、車内で携帯電話や必要書類を落とした際に気をとられ、それがきっかけで注意力が散漫になったことからでした。」

「島内では、道幅がかなり狭い中、主要な通りには外国人含め多くの観光客が訪れ通行されています。島内を車又はご自身が通行する際は、自分なりの気配りを持って通行いただくようお願いします。」

サロンにきんさい ~高齢者のための交通安全・防犯教室~_f0229523_1848868.jpg


時間の都合で質問時間がとれず、参加者間との意見交換ができなかったのが非常に残念でしたが、今後、お互いが交通事故に遭わないために情報共有するきっかけとし、地域の知恵としてみんなで育めたらいいですね。

宮島地域コミュニティ推進協議会では、「安心・安全部会」として廿日市交通安全協会宮島支部の活動支援とともに、更なる地域の人同士のつながりを深める「ALL 宮島」活動として参画しています。
# by miyajima-c | 2016-12-21 16:09 | 安心安全部会