人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1月16日(月)午後1時30分から、宮島市民センター3階研修室において宮島地域コミュニティ推進協議会 生活・環境部会の事業として「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました。

当協議会専門部会の一つ、生活・環境部会では「暮らしと自然の環境保全事業」の一環として、生活に密着したテーマを選んで有識者を招き、地域コミュニティの立場から「生活に役立つ知恵」を授けるための講演会を毎年実施しています。

今年度は、前年度も関心が高く、深刻な地域課題であるイノシシを筆頭とした島内の鳥獣被害対策をテーマとし、学習会を開催する運びとなりました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_2059861.jpg


講師は、鳥獣被害対策アドバイザーとして現在、廿日市市へお招きしている井上雅央(まさてる)さん。
元近畿中国四国農業研究センター鳥獣害研究センター長を務められ、退職後、広島県をはじめとして複数の県で鳥獣被害対策を支援するスペシャリストとして活動しておられます。

講師の井上さんから、開口一番、
「鳥獣被害対策の基本的な考え方として大切なのは、同じ知識が地域でどれだけ広まるかです。」
「野生動物は、優しくしても恩義を感じることは、一切ありません。」

穏やかな口調ながらも、ある意味、衝撃的な言葉からお話は始まりました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_2103055.jpg


「イノシシなど野生鳥獣は『暑がり』で『怖がり』で『怠け者』。エサ場があるこんもり茂った涼しい場所がないと生きていけない。駆除するというよりも、被害に遭わない対策を講じてほしい」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15235578.jpg


実は今回の講習会開催前、講師の井上さんは生活被害の現状を確認し、住民の手でできる対策を検討するため、宮島島内を視察。

ほんの数時間でしたが、即座に宮島島内の現状を把握し、的確な知識を提供いただきました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_1533873.jpg


第一に、イノシシなどの鳥獣被害が増えるのは、無自覚のうちに餌付けなど被害を増やすような状況が
集落内に放置されていたり、人馴れを助長しているからであること。

そのことを地域で学習し、やってはいけないことを地域で共有しなければならない。
地域で一人でも餌付けをする人がいたら、努力は全て水の泡となってしまう。

「イノシシでいえば、弱ったウリ坊(イノシシ)をみたら、初めて見た9割以上の人は「可愛い」と
感じ、エサをやってしまう。
 約1年半で大人へと成長し、人馴れしたイノシシは、次世代のウリ坊へ民家のそばがエサ場だと継承
し繁殖を繰り返します。
 また、畑にある生ゴミに近づいたイノシシを見ても、そばで見るだけで何もしないのは、知らず知らずのうちに餌付けしているのと同じこと。これが無自覚な行動による集落での餌付けの図式です。」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15283050.jpg


第二に、イノシシが市街地にまで出没するということは、シカの過剰な増加と因果関係があるのではないか。

「イノシシとシカは同じものを食べます。シカが先にエサを食べた後にイノシシがエサを探し回るため、行動範囲が拡大したということも考えられます。」

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15534243.jpg


「また、閉ざされた環境下での近親交配を招き、遺伝子劣化したシカが発生している可能性や、宮島の場合、普通は生きられないのに、人に慣れたシカへの餌やりに伴い命を繋いだ結果、更にシカが増加するといった悪循環を生んでしまっている。」

「適正な生息数になるまで、シカのたまり場を見つけたら、地域住民により追い払いを行い、そこへ来ても安心して食べられないストレスを与えること。
そのことが妊娠率の低下につながり、鳥獣被害から守れる集落への環境改善となります。」

第三に、発情期にあるメスのイノシシは、数kmの範囲でオスのイノシシを呼び寄せてしまうので、集落に近寄せてはならない。

第四に、イノシシなどが近寄れない環境づくりに向け、エサ場やひそみ場所を無くすための雑草・木々の剪定が大切である。
特に「柿」はあらゆる動物の好物で、庭に植樹している収穫していない柿を放置していると、いつ行っても餌にありつける場所と学習し、「無自覚の餌付け」となってしまう。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_15563958.jpg


第五に、「捕れば 捕るほど イノシシ地獄(※1)」を格言とし、捕獲を対策と思っている人に引きずられず、「駆除する」対策の前に学習すること。駆除しない人がどれだけ学習するかが大事である。

(※1)「獲れば 獲るほど イノシシ地獄」
「『ウリ坊』だけ獲れたが『親』は逃げた」ということになると、その親はワナへの警戒心が強くなり、ワナにかからなくなってしまいます。
子を全て失った親は、20日程度で発情し、ワナにかからず子を産み続けるイノシシがうまれます。

講義の終盤には、プロジェクターによる動画で「柵で守る、追い払う」ための学習として、いわゆる「柵の設置失敗例」をイノシシが行動する様子を見ながら解説していただきました。

「イノシシ等の鳥獣被害対策の勉強会」を開催しました_f0229523_21144084.jpg


大人のイノシシは20㎝のすき間を潜り抜ける習性や、鼻で70㎏を持ち上げる怪力であること、感電するのは体毛のない鼻だけなど、知らないことばかり。
正しい柵の設置するだけでも、生態を知る学習の必要性を改めて認識しました。

また、参加者からの質問では、生態を知るということで「イノシシはミミズを食べるのか(※2)」といった噂の真相についてや「隠れて近所の者が餌付けしているのをやめさせるにはどうすればよいか」といった深刻な声も挙がりました。

(※2)イノシシは昆虫や幼虫は好んで食べますが、ミミズは食べません。
イノシシが土を掘り返すのは、植物の根っこを食べるとき、お腹いっぱいになって遊んでいるときです。

宮島地域における鳥獣被害対策は、一緒くたに解決できないことであると同時に、自然や環境に配慮し「世界遺産の島」宮島を守っていく責務と向き合わなければなりません。

今回は、今季最強の寒波到来に伴う悪天候も影響し、参加者が15名と若干少ない状況となってしまいましたが、今後も正しい知識を地域全体で認識し、生活に直面する地域課題の解決に向けての高い志向が持てるよう、「できることから始めよう」の精神で啓発活動を推進していこうと思います。
by miyajima-c | 2017-01-23 13:30 | 生活環境部会
1月12日(木)、宮島さくら・もみじの会において、新しい年を迎えて初の作業が実施されました。
今年度でいうと第7回目の作業となります。

今季最強の寒波到来が予想される最中での実施。
朝から吹く北風は、体に受けると顔全体が強ばるほど冷たく、手もかじかんでしまう程でした。

今回は、藤の棚公園及び四宮神社周辺で主にサクラへの施肥(肥料やり)に加え、枯枝、り病枝等の切除処理、切除後の枝への殺菌癒合剤塗布作業などを行いました。

午前10時前には参加会員が集合。
三次会長から開会のご挨拶の後、樹木医であるみずえ緑地の正本大先生からは肥料の解説を交えた施肥作業のご指導、サクラの現況をもとに本日実施する保全作業を解説いただきました。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10235396.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10281088.jpg


「宮島では、3月初旬からサクラの生長が始まります。」
「本日実施する根の肥料として、寒肥[かんごえ]を施しておくと春のスタートに差がつきます。」

12月から2月の寒い時期に植物に与える肥料なので、こう呼ばれている「寒肥」。
寒い時期に植物の生長がほとんどない中、この時期の肥料は土の中で植物が吸収されやすい形に変わるとともに春の生長期に効き目を表し、木の力を高める肥料となるそうです。

平野事務局長の号令により、15名構成で作業を開始。
根の肥料やり作業は2班に分かれて実施しました。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1034256.jpg


具体的な工程は、「ピックエアレーション」という、特殊な機器により土中へ高圧の空気を瞬間的に送り込み、すきまを作ることで固まった土壌を物理的に柔らかくする工法による穴あけ作業。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10355589.jpg


その後、数人による手作業で肥料→炭→堆肥の順に土中へ埋め込む、といった流れ作業です。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10362882.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10381265.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10385497.jpg


平野事務局長から、根の肥料やり作業時に注意していることについて少しお話を伺いました。

「宮島は他の地域と違い、主に文化財保護等の規制により深く穴を掘って施肥することができないんです。また穴を掘る際は、地中に埋設している幹線を避け傷つけないよう、最新の注意を施しています。」

一方、正本大先生からは、枯枝やり病枝等の切除等に係るサクラの保全作業についてわかりやすい解説を。

「今回の作業は、『がんしゅ病』に侵されている枝を切除します。その特徴は、菌によりサクラの枝に『コブ』をつくる病気で、ヒトでいうと『ガン』に相当する病気です。」

「そのまま放置しておくと病原菌の感染源となる可能性もあるので、『コブ』が形作られている枝は、枝のつけ根から除去します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10421354.jpg


宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10594577.jpg


「処理の際、サクラは切り口から腐食による劣化させる菌等に侵されやすいため、切り口には殺菌癒合剤を塗布します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_10425490.jpg


「殺菌癒合剤の色は本来、黄色状ですが、ここでは景観を損なわせないため、殺菌効果もある墨汁を加え、目立たさせないよう色を黒くしたものを使用します。」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1043311.jpg


「ただ、弱っている木には元気になるまで切除作業は行えません。ヒトと同様『(体が)弱っているときに手術をしない』ということです。」

「宮島」を守るための規制の中で行う「命のつなぎ」活動は、「宮島」を形成する互いの存在を共存共栄するための繊細な心遣いがなされているのだと改めて感じました。

休憩時、正本大先生からこんな一言が。

「サクラは、開花時ばかりでなく、そこに至るまでの過程にも美しさを感じます。木を見続けると、それぞれ表情があり、語ってくれているのがわかるようになりますよ」

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1134422.jpg


「サクラは、愛情を込めた分だけ応えてくれる」
サクラの守り方を住民に教えていただいた、先代 正本良忠さんの言葉が頭をよぎりました。

我々が毎年見ることができる宮島の美しいサクラやモミジの景色は、宮島さくら・もみじの会の方々の努力に支えられています。

今年のサクラは、何を語ってくれるのでしょう。

宮島さくら・もみじの会 平成28年度第7回作業_f0229523_1132272.jpg

by miyajima-c | 2017-01-23 12:00 | 生活環境部会