人気ブログランキング |

宮島学園 鎮火祭

鎮火祭は毎年12月31日の大晦日、嚴島神社の御笠浜で行われる江戸時代から続く「火難避け」の神事です。

今年は雨天混じりの朝を迎え、天候が心配されましたが、午後からは解消し、昨年より比較的暖かい日和の中で行われました。

午後6時頃になると、お祭りの参加者が、20~30人で担ぐ大松明から30~50cm程度の手持ちの小松明まで、様々な大きさの松明を持ち、御笠浜一帯に続々と集まって来ます。


嚴島神社祓殿で斎火(いみび)を灯した祭壇を設け、斎主が祝詞を済ませた後、松明に火を移し御笠浜に設けた斎場の大束に火を移します。
その後、大束から大松明に火を点けます。


宮島学園 鎮火祭_f0229523_00065786.jpg

御神火を移す模様は、とても神々しく、参加者の方々も息をひそめ、その様子を伺っています。


宮島学園 鎮火祭_f0229523_00070267.jpg

宮島学園の生徒たちも、今月22日の終業式に宮島学園で作った大松明を皆で担ぎ、元気よくお祭りに参加。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00472910.jpg

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00472630.jpg

斎場の大束から御神火をもらった宮島学園の大松明は、勢い良く燃え上がり、夜空を赤く照らしました。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00154789.jpg

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00101610.jpg

嚴島神社入口、石鳥居の間を、男たちが火のついた松明を担いで3往復練り歩きます。
何本もの大松明が行き交う中、火の粉が散り、その姿は迫力満点で猛々しいものでした。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00182858.jpg


「たいまつ、ヨイヨイ。たいまつ、ヨイヨイ。」の掛け声をかけながら、宮島学園の子どもたちは力を合わせ最後まで勇壮に担ぎ進み、表参道通りを経由した大松明は、最後に宮島桟橋へ掲げました。

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00204274.jpg

宮島学園 鎮火祭_f0229523_00213215.jpg


一方、御神火を点け消火した小松明は家に持ち帰り、神棚にお供えして1年間の火難避けの護符にします。


宮島学園 鎮火祭_f0229523_00195910.jpg

今年は、例年以上に国内外で火災による惨事が相次いだ年だったと感じます。
これらの災害から得た教訓は、防災設備や住民の防火意識に「経年劣化」が起こることを忘れてはならないこと。

単なる「対岸の火事」とせず、地域が力を合わせ、命を守る取り組みに繋げなければなりません。


一年の締めくくりとして参加した「鎮火祭」を通じ、2018年は「地域の宝」である子どもたちの燃えたぎる情熱をいつまでも消さず、更に地域の絆を深め、「ワン」ランク上の「ALL 宮島」となることを願っています。


# by miyajima-c | 2018-01-01 01:00 | 文化交流部会

宮島踊り練習会

7月24日(月)、7月28日(金)の両日、午後7時から西連集会所で「宮島踊りの夕べ」の練習会が行われました。

宮島芸能保存会主催の「宮島踊りの夕べ」は、毎年8月17日、18日の2日間、嚴島神社大鳥居近くの御笠浜で開催される宮島の伝統行事です。

「宮島踊」は、戦国時代、海難に遭った武将の供養をする念仏踊りとして大鳥居の干潟で踊るようになったのが起源とされており、平成19年、廿日市市無形民俗文化財に指定されています。

当日は中央に組んだやぐらを囲み、『宮島八景』の唄と三味線、太鼓の生演奏に合わせ、その周囲でゆったりとした独特の舞を踊ります。

近年、高齢化などを理由に唄い手や三味線の弾き手、太鼓の打ち手を担う人材育成のため、宮島芸能保存会主催で「宮島踊りの夕べ」事前練習会を数年前から行っています。

喜ばしいことに今回、新たな会員が練習会参加のため、会場に訪れました。


参加されたのは宮島地域で働く若い方々で、踊り手が3名、太鼓の打ち手が1名と、新たな顔ぶれが加わり、練習の雰囲気が一新された感があります。


主催の宮島芸能保存会会長から直々に、緊張をほぐしながら踊りの基本をご指導。
「宮島踊」の由来から、すり足やターンのコツまで、優しく丁寧に伝えられました。

宮島踊り練習会_f0229523_17265616.jpg

















宮島踊り練習会_f0229523_17265678.jpg
















踊りのテンポは一般的な盆踊りよりゆったりとしたもの。
足は3歩進み1歩戻り、舞楽の手が原型ともいわれる手は、左右交互に上下させます。


新会員の皆さん、初めて踊ったとは思えないほど上達が早く、動作がスムーズとなったのはびっくりです。

宮島踊り練習会_f0229523_17265661.jpg















太鼓、三味線、唄の音合わせと共に全体練習を行いました。
間の取り方やタイミングは、太鼓の音がポイントで、「カッ、カッ」(太鼓のふちを叩く音)、「ドン」(太鼓の鼓面を叩く音)と、保存会の方々から常々指導されます。

宮島踊り練習会_f0229523_17265659.jpg
















今回初めて、新会員の方が打つ太鼓により踊りを合わせたのですが、楽譜だけでは想像以上に難しく、何度も保存会の方々と共にタイミング合わせの練習をしました。

宮島踊り練習会_f0229523_17263241.jpg















何度も繰り返し打つ懸命な姿に、絆を深めるとともに保存会の新たな結束力が加わります。
新体制での「宮島踊りの夕べ」は、明日開催されます。

今年は当協議会も設立10周年の年。
専門部会では会員全員が参加し、10周年を華やかに迎えたいとの意見も。

是非、やぐらを囲んで踊りを楽しみましょう!






# by miyajima-c | 2017-08-16 18:00 | 文化交流部会

たのも船づくり

平成29年7月19日(水)、宮島学園1階会議室で小学生1~4年生が合同で集い、四宮神社で行われるお祭り、「たのもさん」で使用する「たのも船」をつくりました。

「たのもさん」は、「記録作成等の措置を講ずべき国の無形の民俗文化財」として文化庁長官が選択した貴重な伝統行事。

宮島にいるからこそ学べる、この貴重な伝統行事を次世代に伝えていこうと、毎年、地域コミュニティ、当協議会文化・交流部会員の有志により授業の中で作り方を教えています。

また、宮島学園の先生方も地域とともに「宮島」を学び、宮島のことを一番知っている子どもを育てるために精進されています。

最初に、宮島学園教頭から、本日お手伝いする地域コミュニティ有志スタッフの紹介がありました。


たのも船づくり_f0229523_11585085.jpg


















当協議会文化・交流部会長からは、大まかな作業手順について説明を行いました。
たのも船づくり_f0229523_11585039.jpg

















2時間という限られた時間で完成させるため、船内に乗せる団子人形、装飾用の提灯、船の側面に付ける波模様の飾り、船の名前を大きく描いた帆など、猛暑の中、「たのも船づくり」に臨むにあたって、宮島学園の先生と子どもたちが一体となって準備し、この日を迎えました。

さぁ、作業開始です。

宮島の年中行事は旧暦との兼ね合いが非常に多く、「たのもさん」もその行事のひとつ。
その由来からたのも船の各パーツの意味まで、知れば知るほどとても奥深い民俗行事です。

スタッフからの作業を進めながら行うさりげない解説から、子どもたちは初めて知る感動とともに、作業一つひとつに様々な想いが込められます。

たのも船づくり_f0229523_11584991.jpg

















たのも船づくり_f0229523_11584872.jpg

















たのも船づくり_f0229523_11584965.jpg

















子どもたちは、4グループに分かれて制作を開始しましたが、各グループ、早々から作業に没頭。
手が木工ボンドでベトベトになりながらも、屋形の屋根作りをしている子どもたち。
たのも船づくり_f0229523_12075079.jpg

















協力しながら帆へ帆桁を貼り付けている子どもたち。
たのも船づくり_f0229523_12081713.jpg

















根気よく小提灯を糸に通している子どもたち。
たのも船づくり_f0229523_11584966.jpg

















折り紙を折ったり、切ったり…様々な装飾づくりに情熱を注いでいる子どもたち。
たのも船づくり_f0229523_11584896.jpg


















たのも船づくり_f0229523_11585027.jpg

















今年は、昨年度以上に作業をテキパキとこなすとともに、彩り鮮やかな、宮島の誇りと個性が調和した4隻の船が完成しました。
たのも船づくり_f0229523_11585001.jpg

















みんなで力を合わせて完成させたこの船は、「たのもさん」で祈祷の後に、海へ流します。

今年の「たのもさん」は9月20日(旧暦8月1日)の夜に行われます。
宮島の海をどのように彩るか、当日がとても楽しみです。


# by miyajima-c | 2017-08-16 15:00 | 文化交流部会

平成29年2月14日(火)、宮島学園の体育館において、全体朝礼前に「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」入選作品の表彰式を行いました。
 
「宮島環境標語コンテスト」は、宮島地域コミュニティ推進協議会の専門部会「生活・環境部会」が主体で実施している事業で、今年度で3回目を迎えます。
 

宮島の環境を大切にする行動に結びつけるきっかけとし、多くの方が継続して参加できる環境活動の一つとして始めた「宮島環境標語コンテスト」。
標語の募集は宮島学園の児童、生徒及び宮島島内在住・在勤者を対象に、8月から10月にかけて行いました。
 
応募総数は102作品。初めて3桁に到達しました。
その中から当協議会の構成員による選考を経て、次の10作品を入選としました。
 
《入選作品》

◆いつまでも しぜんあふれる みやじまに【宮島学園 宮郷 咲良】
◆みやじまも しぜんもまもる ぼくもやる【宮島学園 田島 映汰】
◆宮島を きれいにするよ ぼくたちが  【宮島学園 山本 篤優】
◆神の島 国のたからを 大切に     【宮島学園 藤本 浩平】
◆守ろうよ 自然豊かな 神の島     【宮島学園 尾高 光】
◆守りたい 豊かな自然 歴史と遺産   【宮島学園 長谷川 由依】
◆神の島 自然を育む たからもの    【宮島学園 早川 陽隼】
◆ゴミ1つ 拾う心で 守る島      【宮島学園 田部 ほのか】
◆残そうよ 私たちの宮島 未来へと   【宮島学園 大前 陶子】
◆世界へと 自慢したいな いつくしま  【一般   内山 修】
 

「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」の入選作品表彰式を開催しました_f0229523_20241038.jpg
 
表彰前に、当協議会の正木会長からご挨拶として、現在行っている協議会活動の説明とともに宮島学園へメッセージを送りました。
 
「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」の入選作品表彰式を開催しました_f0229523_20252722.jpg
 

「どの作品も、皆さんに賞を授与したいぐらい大変すばらしいものでした。」

 
「環境標語を通じて、言葉に対する感性を磨いてください。この時期に感性を磨くことは大事で、大人になっても様々な場面で役に立ちます。」

 
「次回も、更に感性を磨いた皆さんから選考で悩むような作品をたくさん応募してくれることを期待しています。」

 
表彰では、正木会長から入選者一人ひとりに表彰状と記念品が授与され、参加者全員から敬意を表し、温かい拍手が送られました。
 

「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」の入選作品表彰式を開催しました_f0229523_20303333.jpg

 

「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」の入選作品表彰式を開催しました_f0229523_20304015.jpg

 
記念品として、今回の入選者には図書カードを、その他宮島学園からの応募者には参加賞として、今回の入選作品が掲載された特注クリアフォルダーをそれぞれ贈りました。
 

「平成28年度 宮島環境標語コンテスト」の入選作品表彰式を開催しました_f0229523_20320407.jpg

 
なお入選作品は、市民センターだよりへの掲載をはじめ、学園の校舎内、町家通りの行燈など、まちの様々な場所へ掲示し、環境を守るための啓発活動として使用します。
 

作品を振り返ってみると、「宮島を守るために、わたし(たち)がやる」と主体的な行動宣言が多かったのが印象的でした。
 
私たちの取り巻く環境に対する捉え方の感性を更に磨き、「神の島 世界遺産の島 宮島」の未来へ繋ぐリレーランナーとして、これからも宮島の環境を守っていくよう「ALL 宮島」の精神で担っていきましょう。
 


# by miyajima-c | 2017-02-15 14:00 | 生活環境部会
1月24日(火)、25日(水)の二日間、今年度、第4回目のチャレンジ交流事業が実施されました。

毎年吉和、宮島各地域の小学校3、4年生を対象に全4回実施する通称「チャレンジ」。
今回は2年に1回、冬季に実施する吉和地域での「チャレンジ」ですが、4年生にとってこの仲間では、最後の交流事業となります。


約10日前に襲った大寒波の再来か、朝から強烈な寒波の影響で、平地でも積雪が急増するほどの大雪や厳しい寒さに見舞われました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09235585.jpg


また、気温が低くなっていく時間と雪が降りやすい時間が重なり、吉和地域までの長い道のりには路面凍結するところが続々と。

吹雪く中で宮島の子どもたちが吉和小学校までたどり着けるか心配です。

校内進入路へ安全に入れるようスタッフ全員で懸命に雪かきをしていましたが、ふと吹雪の中から、宮島の子どもたちを乗せたバスの姿が。

久し振りに再会できることを楽しみにしていた吉和小学校の子どもたちも一安心です。

早速、宮島小学校の子どもたちは校舎で合流後、「はじめのつどい」を行い、一日目がスタート。
 
吉和小学校 桐原校長のご挨拶では、
「今日は、宮島小学校のお友達に雪が好きになってもらえるよう、吉和小学校のみんなは、力を合わせておもてなししてください。」

 
と、吉和の子どもたちへお願いされました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09263847.jpg

吉和の子どもたちからは、お迎えの言葉とともに今回の「めあて」(目標)の発表を。
 
★宮島と吉和の地域のよさをみつけよう!
★お互いのよさを見つけて、友だちになろう!
★地域の伝統文化や特色にふれよう!
★自分にできることは自分でし、周りのことを考えて行動しよう!
★お世話になった方々に感謝の気持ちを持とう!
 
最後に、吉和地域でお世話になっている吉岡さんからは、
「吉和の冬を楽しんで帰ってください。」
 
温かい笑顔とともに歓迎のお言葉をいただきました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09283558.jpg


はじめのつどいの後は、給食の時間。
先生の合図とともに、準備開始です。

3回の活動を通して自ら考えて行動できる力を育んできた吉和と宮島小学校の子どもたち。みんなで仲良く協力し、手際よく各班の配膳を行いました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09302585.jpg


メニューは「あわび茸新芽のかきあげ丼」、地元の食材をふんだんに使った「ごじる」、牛乳、そしてデザートはネーブルオレンジでした。

実は、全国学校給食週間の初日と重なっており、期間中はテーマとして、作っていただいた献立の中に広島県が生産量日本一の食品を使っているそうです。
(今日の献立からみんなで見つけました。ヒントは「果物」)
 
吉和小学校、中学校では、自然豊かな地域の特色を生かした食育への取組みが活発で、地元の食材を使っていた今日の給食も、小学校・中学校・給食センター各々の想いとメッセージが込められています。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09313234.jpg

 
午後からは「もみのき森林公園」へ移動し、最初の体験活動、スキー体験とそり遊びを実施しました。

もみのき森林公園へ到着すると、宿泊棟の屋根から大きな氷柱がズラリ。
特に1階の屋根から地面まで達する氷柱は、どこからともなく悲鳴の声が聞こえてくるほどの規模でした。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09374550.jpg

スキー体験では、地域から講師として吉岡さんと能島さんをお招きし、吉和、宮島小学校合同で雪とスキーに慣れるための講習から行いました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09403738.jpg

現地は、相変わらずの吹雪。
辺り一面は、見渡す限り、とても柔らかな新雪に覆われていました。
降雪量が推定50cmともなると、ゲレンデ、足場づくりのために行う圧雪作業は想像以上に手強い状況。スタッフもヘトヘトです。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10365694.jpg


宮島の子どもたちが反復練習している間に、雪に慣れている吉和の子どもたちは一致団結し、スキー板で圧雪作業に合流。作業で疲れ切ったスタッフを助けてくれました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09413355.jpg


気づいたら、いつの間にか吹雪も止み、あっという間に良質のゲレンデが完成!
真っ白に広がる銀世界での雪遊びは、私たちを開放的にしてくれます。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09445885.jpg

「はじめのつどい」で聞いたときは、スキー経験者が3人だけだった宮島の子どもたち。


「最初は少し怖かったけど、一緒に滑ってみると、とっても楽しかった」


吉和の子どもたちが手を引き、宮島の子どもたちが初めて滑る恐怖で不安だった気持ちから、一緒に滑りきった喜びと達成感へと変わり、共感する姿。
 
とても微笑ましく映り、極寒の中、安全確保のために来ていただいた吉和地域の保護者の方も満面の笑みで子どもたちを迎えてくれました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09421980.jpg

おしるこを食べ、冷えた体を温めた後は、もみのき森林公園の岡本さんを講師にお招きし、木工教室でカンテラ(携行用のランプ・油用灯火具)作りを、外では5班に分かれ、バケツを使い、燭台を置く雪の土台作りを行いました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_09593690.jpg

なかなか固まらない雪に悪戦苦闘の連続。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10003272.jpg

夕飯後には、カンテラに火を灯し、雪灯りを鑑賞しました。
しんと静まり返った中で、ほのかに灯すカンテラの光景は神秘的で、実景というよりも、幻想に近く、まさに光の花園。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10024236.jpg

それぞれ願い事をつぶやきながら、眠りにつきました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10021298.jpg
 

二日目。
広島県で2番目に高い山、冠山の神々しい姿を背景に、空気が澄んだ真っ白に広がる銀世界は、思わずハッと息を呑んでしまいました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10042247.jpg

午前中は、体育館で1万ピースのブロック遊び、班対抗でドッヂビー大会を行いました。

ブロック遊びでは想像力、一方、ドッヂビーは団結力が必要です。

ドッヂビーは、ドッヂ(正しくは「ドッジ」)ボールの「ドッヂ」とフリスビーの「ビー」を合わせた造語で、フライングディスクを用いて行うドッジボール形式のゲーム。

フライングディスクは当たっても痛くないスポンジ製のものですが、コントロールが難しく、隣のコートまでディスクが飛び交っていました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10570436.jpg

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10570941.jpg
 
しっかり体を動かした後は、お昼ごはんのカレーライス。
列を作り、おかわりする子どもたちも多数。更に体を温めてくれました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10093187.jpg

 
午後からは、雪像づくりです。
班に分かれて行う、今回最後の体験活動となりました。


午前中の「ブロック遊び」とは違い、解けたり固まったりする冷たい雪をどう形作るか。
想像力や表現力、感性は班によって様々。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10111479.jpg

工夫を凝らすため、スコップとバケツを使いながら積んだ雪を削ったり掘ったり…
先生と子どもたちは、作業に夢中で、いつの間にか雪に魅了されていました。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10114482.jpg

 
終了にあたり「さよならのつどい」では、これまでの活動を振り返り、各班の班長から、新たな信頼関係の芽生えや達成感の喜びなどが満ち溢れた、様々な感情を表情に浮かべ発表してくれました。

 
二日間を通じ、宮島の子どもたちにとって、壮大な雪景色は地域ではなかなか見ることができない貴重な自然体験となったのではないでしょうか。
 
準備の合間に吉和小学校内を散策したとき、「吉和小・中学校の1年間」と題した特大カレンダーを見つけました。

日々の出来事について1枚の写真と一言コメントを添えたものですが、一枚一枚に吉和の美しい自然に囲まれた中で、地域の教育力により児童、生徒の日々成長する姿が一目でわかり、地域の温かさが伝わってきます。

平成28年度 第4回チャレンジ交流事業 in 吉和_f0229523_10135333.jpg
 
この二日間の活動を通じて受けた、吉和からの温かいおもてなし。
宮島から心からのお礼とともに、新たな1枚としてこのカレンダーに添えたいと思います。


# by miyajima-c | 2017-02-14 10:30 | 文化交流部会